コラム> マンション共用部の保険を見直そう 【第1回】

 マンション共用部保険の現状

分譲マンションの共用部には何らかの保険が必ず付保されています。それはなぜでしょう?
マンションには共用部と専有部があり、専有部については、各区分所有者の責任において保険に加入します。
共用部は全区分所有者が共同で所有する部分になっており、その維持管理の主体は管理組合です。 国土交通省マンション標準管理規約でも、共用部分の火災保険その他の損害保険に関する業務は「管理組合の業務」としており、これらに従い、多くのマンションの管理規約には、共用部分の火災保険等の損害保険を契約することは管理組合の業務と定めております。
現状、殆どの管理組合で「火災保険(掛捨もしくは積立)」「施設賠償責任保険」は必ず加入しており、最近では「個人賠償責任保険」にも加入するケースが増えております。 ここで、それぞれの保険について、簡単にご説明しましょう。

<火災保険>

「マンション総合保険」や「住宅総合保険」という名前の保険です。一般的には、火災・落雷・破裂・爆発・風災・ひょう災・水濡れ、物体の落下・飛来・衝突、その他破損汚損の事故による損害を補償します。更には、臨時費用・残存物片付け費用・水漏れ調査費用などの費用保険も支払われます。但し、補償内容は、保険の種類・特約の付帯の有無・保険会社等によって違いがありますご注意を。
また、補償内容が同じでも、保険期間が1年(長期一括払いの場合もある)の「掛捨」と運用と補償を兼ね備えた「積立」があります。「積立」の場合の満期返戻金は非課税で、かつ長期払いになっているので、1年あたりの保険料は割安ですから、組合会計に余裕があれば、検討するのもいいかもしれません。


<施設賠償責任保険>

マンション共用部分・共用設備の欠陥や管理の不備が原因となり、他人(第三者・居住者)に怪我をさせたり、第三者の財物を壊すなどして管理組合が法律上の賠償責任を負う場合に補償されます。
最近は、マンション総合保険の特約として付帯する場合が多いです。


<個人賠償責任保険>

マンション内でおこる専有部から階下への水漏れ事故等の日常生活に起因する偶然な事故に備えて、区分所有者や賃借人を賠償事故から守る為の保険です。これも、マンション総合保険の特約として付帯する場合が多いです。


<地震保険>

地震による火災や倒壊の場合、火災保険では補償されません。地震保険は単独では加入できませんので火災保険とセットで加入することになります。

第2回に続く・・・]